持込商品にはサンドブラストでも刻印してます。1個からOK。

携帯電話「○○○に刻印ってできますか?」


電話のむこうから 刻印の問い合わせでです。
こちらは 商品名から加工に使う機器を考えます。

硬い金属だっていっているので 金属彫刻、金属加工かな、
だけどまっすぐな面とかあるのかな、どのくらいのサイズだろう


電話「それってどのくらいの大きさでしょうか?」


携帯電話「ちいさいですよ。」


聞き方が悪かった!。これでは何も分からない。

大きい小さいはその人の感覚だから、機械に入るかは分からない。
レーザー加工機は 300mm×200mm×70mm
金属加工機の一度設置したあとの稼動サイズは 225mm×80mmしかない。
これ以下のものでなければ 刻印できない。
そのサイズよりおおきかったり、平面がなく曲面や湾曲した部位への刻印なら

サンドブラストしかない。

伝えたところ なんとかサンドブラストで大丈夫そうだ。
次は、なにがしたいのかが気になる。


電話「どんなことがしたいですか?」


携帯電話「自分で書いたイラストとデザインを品物に彫ってプレゼントしたいんです。それと名前と日付も、あとでゴールドに色をつけたい。」


なるほど、オーダーメイドだな、でも 場所やスペースは充分なのだろうか?
台形になったり、周囲に突起物とかないかな?

ぶつぶつ、ざらざらと表面はどんな感じだろう

マスキングが上手くできるかな
いろいろ疑問が頭に浮かびます。


電話「わかりました。刻印自体は可能な感じですので あとはその商品の画像を撮って 刻印内容といっしょにメール添付で送ってくれますか。

写真(画像)を見ないと 電話ではこれ以上わからないんですよ。また、これからも合成画像を使って、位置やフォント、スペル確認なんかで どうしてもメールが必要なんでお願いします。あと、お名前と電話番号もお願いしますね。」


携帯電話「了解、手書きだけど簡単なイメージ書いて送ります。」
 
メールのやり取りもスムーズに行って受注決定、 今日、商品が送られてきた。
商品のサイズや形状を確認し写真をとって それにお客様の刻印希望内容を合成する。
データ制作が必要な場合は「商品到着しましたよ」とだけ連絡して、すこし時間もかかります。

 

 
 

サンドブラストは硬い素材で 形状的に曲面になっているもの、

機械固定や機械自体におさまらないものに使用します。

深さが得られる素材もありますが 金属などでは 深さは取れません。


あらかじめ、データをレーザー機で切り抜いた版下を 商品に貼り付け その空いた空間にサンドを吹き付けるというものです。

鉄と砂の混じったものとでもいいますか粒子の細かい粒を対象物に
空気圧を利用して吹きつけます。彫刻したい部分以外は、マスキング
し傷がつかないよう養生しておきます。

いろんな用途に利用できますが、当社では、表札・グラス・金属プレートなどにデザインする場合につかってます。その素材や刻印サイズよって 砂の粒子のおおきさを変えています。

 

サンドブラスト加工後は、色をいれていきます。(着色しない場合もあります。)

なかには素彫りのままのほうが よい味がでるものもあります。

乾いた後、ゴムシートやマスキングをはがせば完成となります。

 

さあ、あなたもオーダーメイドに挑戦しませんか!!

 

ここまでで不明な点があれば お電話ください。
加工担当が直接お答えいたします。
1.3  電話サポート.jpg


お気軽にご相談ください7.1 写真.jpg
0885-33-3695
受付時間 :  9:30〜22:00      
 
メールでのご相談は24時間受付
 次項有 info@ishicyu.jp

 

 

ご相談手順


exclamation×2 商品のどこに刻印するかを決めます。
財布などの場合は 180度開かない内側への刻印はできません。
 
exclamation×2 お考えの刻印内容・資料を用意ください。
イラストやデータはメール添付でお送りください。
 
exclamation×2 どんなフォントが似合うか 考えます。
フォントは2つまで選ぶことができます。


文字はこちらから選択 ⇒ 刻印フォントのページ

 
exclamation×2 以上が決まれば メールを送ります。
 
exclamation×2 おおまかですが 合成画像の完成イメージが返信されます
修正点などを連絡、紙に書いて商品とともに発送となります。

 

 

お問い合わせ・ご注文方法はこちら→クリック


実際のご利用例
*ワイングラスに彫刻 *ボトルに彫刻 *石表札製作 *ガラス表札製作  *タイル表札製作 *工事竣工板製作
*戒名板文字彫り *石材ノンスリップ加工 ・・・・
 

トップページに戻る